休日から週初めにかけて ―気持ちの切り替えスイッチ

2008年07月01日

リラックスとテンション移行

休日の過ごし方ですが、土曜日は夜更かししてもいいですが、日曜日の夜は早く寝るのがポイントです。早めの時間に入浴し、長めの入浴でリラックスしょう。

日曜日の夕方から徐々に気持ちを仕事モードにしていくようにしよう。先週までの仕事のやりかけを思い出し、週明けの月曜日に続きをスムーズに出来るようにテンションを高めます。先週までの状況や問題、解決策をイメージし、月曜日に向け就寝。

当然月曜日は電車が遅れる確立は高いし、週のスタートだから、早めの行動が必要です。できれば自分なりの仕事における課題・提案を発表できるようなテンションにもっていければベストですね。

私の切り替えシーンは、洗車です。日曜日の午後、洗車するわけですが、特に乗り回るわけではないのですが、月曜日に向けての切り替えスイッチとしての洗車なのです。洗車している時に週初めの作業・課題などについて考察するわけです。私のようなリーダーが居たとしたら、月曜日に休む人が居るとがっかりするでしょうね。会社人は月曜日の欠勤や遅刻は特に注意すべきことです。皆さん気をつけましょう。

予定スケジュールより早く終わらせる気構え

週初めは、スケジュールよりも早く終わらせることを考えるとテンションや集中力が上がります。そして課題や解決策も見つかります。仕事を早く進めようという気持ちがないと課題は見つからないものです。

要は気構えの問題です。主体的に早く終わらせようという意識にすると、コミュニケーションも向上し、調査や相談、連絡も効率よく進みます。これは仕事上の仮想的先生と言えるのでは・・・・。また目的意識を掲げていくことによって仕事の状況もうまく回って行くと思います。自分なりの気持ちの切り替え方法を見つけましょう。  (2008年7月 記)