2009年にあたり

2009年01月05日

新年おめでとうございます。2009年は力強くゆっくり歩もう~。

価値観について

2009年は、社会や経済全般の価値観が変わっていくことでしょう。この変わりつつある価値観を見つけるため自分自身を変革していくことが必要となりそうです。価値観を大きく分けて次のようなことを考えてみました。

  • 仕事での価値観
  • お金の価値観
  • 生活面での価値観
  • 教育面での価値観

これらの価値観を今までとはちがうパラダイムで作っていくことが重要となるでしょう。積極的に変革していくことが求められている気がします。上記の価値観については、次回機会があれば述べたいと思います。

価値観の再構築

昨年H社がF1から撤退しましたことは、いろいろ考えさせられました。自動車産業において、車は今までとは違った視点から創っていくことが求められているのかも知れません。石油エネルギーを使わないとか、あまりスピードはいらないとか、車色が必要に応じて変えられるとか・・・、窓のガラスも必要に応じて濃くなるとか・・・、快適さも従来のものとは違うものを求めるとか・・・。そうすると消費者は速い車よりこれからの物が欲しくなるでしょう。つまり、従来のままで事業を展開していくと必ず限界が来ます。コンピュータの世界で考えるなら、128年間が一つのサイクルになります。ある文明では、256年間が一つのサイクルで判断されていたとも言われています、今はそのサイクルはさらに早まって64年間ではないでしょうか。

リストラとは再構築を意味します。日本では解雇を主に意味しますが、本当の意味は、価値観を変えて再構築することです。 IT業界についても価値観を見つめ直し再構築していくことが求められます。従来の価値観は大手企業に依存して仕事が発生したものですが、大手企業に依存しないことも大切です。小さい企業、弱い人が自然に活躍できる、そのような価値観や仕組みを考えられたらと思います。

今年も、技術を蓄えて応用力を発揮できるよう備えておりますので、群青/ITソリューション事業部を本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

(2009年1月 記)