利益についての価値観

2009年07月30日

今回は、企業売上の視点から利益について、お話ししてみたいと思います。

会社の基本とは

会社の基本は利益を上げることです。利益になることを社員全員で、力を合わせて行います。この利益とは、具体的には売上げを上げることです。売上げを上げられない人は、利益を上げる別の方法を考えなければなりません。常に利益になることはなにかを熟慮すること、それが会社です。経営者の要望・期待に沿うように行動することが大切です。

では、経営者や直属の上司の期待はなんでしょうか。これは立場によって異なります。取締役、部長、課長、それぞれの期待は異なります。取締役だったら部長を、部長だったら課長を育てます。また問題解決する方法や、お客の信頼を得る心構えとか、責任論を教えます。これが、企業における役割・役目です。そして、それが社内利益といい、企業にとって売上に代わる間接利益となるのです。

社内利益とは

つまり、総務や事務処理も社内利益ですね。電話の応対も丁寧な応対をすれば顧客に信頼され、それが利益に繋がります。なげやりな対応では、利益ではなく、逆に損失になることは言うまでもないです。そして、企業とは、一元的なものではなく、永久に継続することが必要で明日に繋がることが重要なのです。今年だけ、経営というのではなく、永続的な考えが必要です。この永続的な視点から、企業資産として、社員教育や社員個人の体験の共有化も重要となってきます。

例えば、過去にあったトラブルや問題を企業内に積極的に公表することです。情報をオープンにして共有させます。それが社内の資産となり利益になります。それを自分個人だけのものにするのは、社内損失です。他人の話だけ聴いて、自分のレベル(技術)をオープンにしないのもよくないですね。スキルアップや技術の成長が止まるとそのような傾向に陥りますので注意したいところです。技術成長をしている人は、常におしげもなく自分のスキル・問題解決方法をオープンにしていきます。

目に見えるお金や売上げだけでなく社内利益を大切に

これらの社内利益を大切にする流れが結果的に信頼・技術向上につながり、顧客から信用が高まり、おのずと売上げに繋がっていきます。そして、最後になりますが、処理スピードは重要です。頼まれたことは、即行うことが大切です。それが利益に繋がります。なぜなら早く出来上がると依頼した人にいろいろなチャンスが生まれるわけだからです。遅いと、チャンスを逃してしまいます。このようにスピード感覚を研ぎ澄まし、チャンスを積極的に掴んでいくことが企業における利益なのです。

スピード感を身に付け、社内利益をより円滑に向上させる。それが結果として目に見える売上げへと繋がっていくわけです。技術はスピードなり。

(2009年7月末 記)