個人の能力を開花させるには

2010年02月28日

人間の能力の奥深くには、まだ自身が気づいていない領域が横たわっています。この能力を伸ばすことは誰もが考えることでしょう。今回はこれについて少しお話ししたいと思います。

ステップアップに幅がある

能力向上のプロセスとして、ゼロ、スタートライン、2段目、3段目、とステップアップの階段があります。ゼロからスタートラインまでの幅はとても広いものです。しかし、2段目、3段目以降の幅は大変狭いです。つまり、ゼロ段目からスタートラインまで行ってしまえば、ブレイクスルーをするので、それ以降が楽になります。

これには相応のトレーニングが必要かも知れません。たとえば長時間集中して仕事に取り組み(徹夜)、全プロセスを学習してしまうことです。ここで重要なのは、自ら歯車になろうとしないことです。企業の歯車というマインドであると、課題を的確に理解できなくなります。システム(製品)が作られる、すべての工程にたずさわることが重要です。広い視野で全体を見渡すことも同じです。

営業職に例えると、一度プロポーサルを書くといいでしょう。プロポーサルを書いたことがない人は、名刺交換してそれで終わりになり、会社の上司のためだけです、当の営業マンのメリットになりません。自分なりに提案して己の世界を顧客にぶつけること、これがプロポーサルを書く意義です。

エンジニアの場合、自分のアーキティクチャーを顧客にぶつけ、提案することです。すると、全体が見えてきます。顧客の考え、自分のレベルなど、そしてどこを修正して精度を上げていくかが分かります。

ブレイクスルーするには

顧客と対話をするのに全体のイメージが分からないと話になりませんね。最近のエンジニアは歯車のマインドが強い傾向があるのか、顧客と話すことが苦手なようです。完成したシステム(製品)は、誰が使うのかイメージしながら作らないと、いい製品になりません。誰が使うかイメージしないで作ると、顧客不在の利便性を考えるようになってしまい、社会に負けてしまった感じがします。

では、ゼロからスタートラインを突破し、ブレイクスルーするにはどうすればいいでしょうか。 人は否定されるとすぐ挫折してしまい、なかなかブレイクスルーできません。否定する人は全体が見えているから幼稚な考えやちぐはぐな考えには厳しくなるのだと思います。仕事では、“おだてて伸ばす”ことは有り得ません。お金をもらいながら教える教育ではないからです。リーダーや管理者は仕事ですから当然厳しくなります。そんな厳しさのもめげずに最初のステージを乗り越えることこそ大切で、そこを越えた者だけを育てたいと誰もが思います。そのような人は必ずブレイクスルーします。3年間は死に物狂いでやる方法もありますが、私は課題を乗り越える方がブレイクスルーの秘訣だと思います。

最初に難しいプロジェクトチームから入ると伸びも速いです。なぜなら徹夜も経験し、仕事を集中して行うため技術も身につくからです。故に2段目3段目のステージにはすぐにいけるわけです。

長時間の集中
課題の克服
作業の全工程を経験する

これらを具体的に実行に移せば、技術力のアップ速度も上がります。そしてみんなから信頼を得ることができます。当然、顧客からの信用も深まり頼りにされます。その結果売上げも自分の待遇も上がっていくと思います。

(2010年2月末 記)