シンプルなものこそ、とても大切

2007年02月01日

今回は当社のエンジニアに関することをお話ししてみたいと思います。

当社は、エンジニアについて技術よりもコミュニケーション能力をより重視するスタンスを持っており、お客様から高い評価を得ております。そして、次の3つのポイントを特に大切にしています。

約束を守る

時間を守るということは、特にプロジェクトにおいて他者から信頼される必須条件です。これは、あまり経験を積んでいないエンジニアにとっても、ベテランエンジニアにとっても、一番大切なことです。

例えば、プロジェクトリーダーが、明日あの人とあの人に大事な指示を出そうと予定していた。翌日の朝予定通りに来ないとする、遅刻や休暇で、そのリーダーは困るし他のプロジェクトメンバーも仕事に支障きたすことになる。そして遅れて来て、「明日の用件を聞いていなかったから遅れても、休んでも問題ないと思いました」と言う。周りのメンバーは不快に思いますし、信頼を失ってしまいますね。逆に時間を守れる人は、プロジェクトにおいても非常に重宝されます。そして、誠実な印象を周りに与えます。

また、いつまでに完成させるという期日や生産性に関わる約束を守ることも大切です。期日や生産性の約束を守ることに関して、約束を守れる人はそれなりに無口でもかまいませんが、 守れない人は、コミュニケーション能力をさらに高める必要がありますね。なぜならプロジェクトリーダーに一言いえば問題を回避できることも多いからです。リーダーには知恵がありますから、遠慮しないことです。

責任感がある

多くの人は、自分に責任感があると言います。また自信があると言います。しかし、実際に自信を持っている人は少ないです。責任感のある人はコミュニケーションをよく取れる人が多いです。また、たとえ話下手でも与えられた仕事をやり通す人は、最低限のコミュニケーションは取っているはずです。このように責任感の強い人はコミュニケーションも取れると言うことです。

「今行っている作業がまだ半分も終わりません」「この工程は思ったより早く終わりそうです」などと、何気ないほんの一言が大切なのです。これは自分に与えられた仕事を全うできるか、できないかのレベルでのコミュニケーションです。まじめに端末に向かうこともよいですが、それと同時にコミュニケーション能力を高めて行くことが大切です。自分の進捗度や疑問など何でも言葉にすることです。

謙虚である

素直な心はとても重要です。素直でない人は、言われたとおりに仕事をしません。指示されたものを本人の都合で自分流にアレンジして仕事をされると困ってしまいます。なぜならば、大人数のプロジェクトで仕事を行っているからです。素直にそのまま仕事をしてくれるとよいです、変更する場合は報告、相談することです。また、さらにプラスアルファーの部分をこなすために素直になることも大切です。これは自分で考えて行動しろということと相反することもありますが、素直に仕事をこなすことはプロジェクトでは非常に重要となります。素直な人はコミュニケーションをより円滑にします。

「約束を守る」、「責任感がある」、「謙虚である」、これらの積み重ねで、当社のエンジニアはお客様に対して定評があります。まじめなのでとても信頼されております。また、当社では、設計から、製造、テスト、納品工程まで、一貫した研修を行っております。これにより幅広い工程が体験できるので、お客様から高い評価を受けます。通常プログラマーは製造のみやることが多いですが、当社のエンジニアは上記の通り幅広く一貫した研修を受け、広い視野を養いますので、現場では高い評価を受けるのです。

「約束を守る」、「責任感がある」、「謙虚である」、これらは非常にシンプルなことですが、シンプルであればあるほど物事難しく奥が深いと思います。これらのポイントを大切にし、お客様にさらにクォリティーの高いサービスを提供していきたいと考えております。

(2007年2月 記)